冬は太陽の熱をそのまま室内に取り入れよう

時間と空間の関わりでもっとも大きいものが地球と太陽の関係の移ろいでしょう。
毎日朝が来て夜がくる。四季がめぐる。当たり前と思っているこのような現象も地球と太陽の微妙な関係で作られています。
機械的設備を使わなくてもこの関係を利用することで快適に過ごすことが出来ます。

太陽の熱を機械を通じてエネルギーに変換する太陽光発電をアクティブソーラーというのに対して、太陽の熱をそのまま利用することをパッシブソーラーといいます。

パッシブソーラーの原理は夏の陽差しを遮り冬の陽差しを取り込むといういたって単純なものです。
けれどもその効果は侮れませんし、単なる熱環境の改善だけでない副産物もあります。

パッシブソーラーの魅力は、特別な費用がかからないことに加え、モダンデザインも楽しめること、自然環境を体感できることにあります。単なる高気密高断熱だけのクーラーボックスのような空間にはない開放感、外部との一体感があります。

建物の作り方を工夫することで、冬は陽だまりの中であたたかくすごすことができます。

太陽の角度を利用する

夏は、陽の角度が高く、最も気温の上がる11〜13時の間は太陽の角度も高く、55〜78°となります。

図のように、軒や庇を出しておけば、夏の暑い日射は、室内の中に入りません。
更に、壁面緑化や庭木があればひんやりと涼しくなります。

冬は、陽の角度は低く、11〜1月の間は、34°より高くなりません。
冬は夏とは逆に室内の奥まで陽の光が届くようになります。

陽射しをコントロールしてみよう

ブラインドは羽の角度を調節することで、陽射しの入り方をコントロールすることができます。
特に縦ブラインド(バーチカルブラインド)は、光を直接入れたり、間接的に入れたり、羽の角度によって、空間のイメージが劇的に変化します。
朝、ブラインドとガラス(ペアガラス)の間に光がたまっています。
ブラインドを回転させると光の束が、室内に入ってくるのがよくわかります。
晴れた冬の日は、朝から暖房は必要がないほど暖かです。

しかし、パッシブソーラーは万能ではありません。
冬は晴れた日が多いのですが、曇りや雨、雪といった日が無いわけではありません。
そのようなときはさすがに太陽の恩恵を受けることは出来ません。
地方や立地条件によっても差があります。
敷地の立地、方角、周辺環境など考慮する必要があります。
数々の条件を考慮しながらオリジナルな空間を設計するのも建築家の仕事です。

床は熱を保つ

室内に入った太陽の熱は、床や壁に蓄えられます。
石やコンクリートなどの重い素材ほど熱容量が大きいため、夜になっても床や壁がほのかに暖かです。
フローリングもそれなりに蓄熱はします。
ちゃんと蓄熱しておけば、夜、はだしで歩いても暖かみを感じることができます。

夏はパッシブクーリング

同じ原理で、夏は、パッシブクーリングという夜間の蓄冷によって涼しくすまう方法もあります。

Copyrigt JIKOOYOOEN ARCHITECTS All Rights Reserved