筑波山おもてなし館

Mt.Tsukuba omotenashi Rest House

English
筑波山梅林内に建つ休憩所、案内所

2015年2月 開館

筑波山の中腹にある梅林と、フォレストアドベンチャーの間に位置します。がま公園の跡地です。

梅林や森林の景観が楽しめる休憩スペースと、森林の空中散歩が楽しめるフォレストアドベンチャーの受付があります。

建物の構造は、一般的な木造(在来木造)です。

耐力壁を外側に井桁状に配置することにより、外部と内部を隔てる「壁」を感じさせない解放的な空間としました。

すっきりとしたディティールにこだわって、風景と建物がシームレスに混ざり合うことをイメージしています。

林の中を散策して通り抜けるような感覚で、3方向からアクセスできます。

雑木の選定枝を薪にしたストーブがあります。

晩秋から春先の期間はあたたかいストーブの炎が迎えてくれるでしょう。

筑波山登山の帰りに、梅林の散歩の途中に、お立ち寄り下さい。

筑波山おもてなし館

筑波山梅林休憩所、案内所

発注:つくば市観光物産課

設計:時空遊園 岩永至功 岩永幸呼

施工:(株)高田工務店

構造:在来木造 平屋建て

述床面積:147.96? 建築面積:177.65?

Photographer:鈴木教雄

第29回茨城建築文化賞入選

野鳥が棲める建築CONTENTSにもどる