繭 AGRITECTUREARCHITECTUREAGRITECTURE
茨城県つくば市 2007年11月竣工

AGRITECTUREとして計画した実験的建築。
つくばは古来より稲作を中心に栄えた農村であり、かつては養蚕
も盛んに行われていました。
温度、湿度を管理しながら同じ家の中で蚕は人より大事に飼われ

ていたといいます。
そのような自然とともにあった農家の象徴としての繭(まゆ)を
デザインに取り入れました。
建物を糸の膜と緑で包み込むことで、内部空間と外部空間の中間
領域である「縁(えん)」を作り、熱環境的な緩衝帯として機能
させます。
建物全体に植え付けられた作物は夏の陽差しをコントロールし、
二酸化炭素を吸収しながら生長し秋には実りの恵みをもたらして
くれます。
冬には葉が落ち陽だまりをつくります。
「弟23回茨城建築文化賞 住宅部門優秀賞受賞」
「繭」は日本の木をたくさん使っています。丸太はスギ、柱はヒノキ、床はヒノキの無垢材、内壁、外壁にはスギの無垢板です。塗装は2色の天然系塗料を重ね塗りしています。

「自然とともにある住まい」

廃棄物資源循環学会誌vol.20.No.3.pp129-131.2009

エコライフと住まい-環境社会新聞掲載記事
設計:時空遊園 環境・建築研究所

パッシブソーラハウスです
繭ができるまでと繭でのくらし ブログ
住宅・集合住宅 CONTENTSにもどる